ロゴ
HOME>info>安全性に優れた折りたたみ踏み台を選んで購入しよう

企業で折りたたみ踏み台が必要になる状況

工場や倉庫など、一般的に背が届かない場所に商品や備品を保管している場所では踏み台が必要となります。通路が狭い等、省スペース性が求められるような場所では、使用しない時は折りたたんで収納できる折りたたみ踏み台が必要です。

企業が折りたたみ踏み台を注文する際の流れ

工事現場

折りたたみ踏み台の法人向け販売をおこなっている会社を探す

まず、折りたたみ踏み台の法人向け販売をおこなっている会社を調べます。調べる方法はインターネットや紹介などがあります。取り扱っている折りたたみ踏み台の種類や在庫数など、要件を満たす会社をリストアップします。支払い方法についても事前に確認をします。

見積もりをとって社内で検討する

法人向けに折りたたみ踏み台の販売をおこなっている業者を見つけたら、その業者に見積もり依頼を出します。この際、値段だけではなく納期や納品方法についても確認をします。特に発注数が多い場合は、納品方法についてしっかり確認しておいたほうがよいでしょう。

見積もりに問題なければ業者に発注をする

見積り内容を社内で検討して、内容に問題がなく、予算面や納期なども納得できたら発注をします。発注後も納品まで、何か疑問点などがあった場合には業者と逐一連絡を取ります。注文した折りたたみ踏み台が納品されたら、商品に問題がないかを必ず確認するようにしましょう。

安全性に優れた折りたたみ踏み台を選んで購入しよう

工具

折りたたみ踏み台を注文する際に気をつけること

折りたたみ踏み台を注文する時は、事前に高さと耐荷重の2点を必ず確認してから注文をするようにしましょう。必要な高さがないと踏み台の用を成しませんし、耐荷重も想定している基準をクリアしていなければ、最悪、踏み台に乗った人が怪我を負ってしまうリスクもあるので注意が必要です。想定している作業において、天板の広さが十分かもチェックしておきましょう。

広告募集中